読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Health, sports and lifestyle

主にヘルスケア、スポーツ、食べ物、旅行等に関する気軽なブログ

シニアアメフト "マスターズボウル"

3月の連休にシニア・アメリカンフットボールの日本一を決める"マスターズボウル"が開催され、関東の"UNDER 59ERS"が関西の"OVER 40 Legenders"を3-0で破り、二連覇を果たしました。

sports.47news.jp

 

シニア・アメリカンフットボールとは、選手は40歳以上、試合時間の短縮・腰から下へのブロック等の禁止など安全面に配慮した特別ルールで行うものです。それでも動画を見ると激しい!選手は皆、走り、投げ、ガッツリ当たっています!

 

何よりもQB 松岡選手、WR 堀古選手など往年の名選手が活躍する姿を見られるのは嬉しいです。皆さん、いつまでも怪我無くがんばってほしいですね。

ステーキレボリューション/世界で一番美味しいステーキ

Foods Travel

美味しい牛肉はどうやって作られるのか、そのシンプルな問いに答えるために世界中を二年間にわたって食べ歩き、20カ国・200を超えるステーキハウスの中からトップ10を選びぬいた映画です。

ステーキ・レボリューション

 

実際には、ただ単に美味しいステーキを紹介するグルメ映画ではなく、牛肉を取り巻く環境、文化や考え方などを追求した映画です。

が、個人的には何よりも紹介されるステーキが美味しそう!!ランキングは公表されていませんが、幾つかのお店はこちらのWebサイトにも載っています。

www.foodwatch.jp

アメリカ、スペイン、ブラジル、フランス、イギリスなど、世界中に美味しいお肉はあります。日本の松阪牛も紹介されています!!

 

こんなお店のお肉が食べたい。。。

peterluger.com

pelotari-asador.com

www.shop-satou.com

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

Movies

先日、絶対に見たかった「ブリジット・ジョーンズの日記」の3作目(ダメな私の最後のモテ期)をようやく見ました。

 

ブリジットもマークも(そしてダニエルも笑)相変わらずそのままで、でも歳を重ねて確実に成長していました。新しく出てきたジャックとマークのやり取りも面白く、最後まで目が離せませんでした。

 

そして何よりも、最後にハッピーエンドだったのが本当に嬉しかったです!!!

映画を見ながら、不覚ながら涙してしまいました(泣くか)。。。

 

一作目の「ブリジット・ジョーンズの日記」、二作目の「ブリジット・ジョーンズの日記 キレそうな私の12か月」も繰り返し見ていますが(一作目は、飛行機などで見つけるたびに見ているので、多分20回以上見ました)、この三作目もぜひまた見たいと思いました♪

セント・ポール大聖堂

Travel

先日、ロンドンのセント・ポール大聖堂を初めて訪れました。

荘厳な佇まいや豪華な装飾、そして内部から見上げた中央ドームの美しさに感動しました。

f:id:hirotay1974jp:20170312062722j:image

 

 

チャールズ王太子・ダイアナ元妃の結婚式が行われた場所としても有名ですが、何より第二次世界大戦中、ウィンストン・チャーチル首相が"セント・ポール大聖堂は守り抜かねばならない (St Paul's Cathedral should be protected)"と言って、最後まで守り抜いたという逸話が印象的でした。
f:id:hirotay1974jp:20170312062738j:image

 

ロンドン市民の心の拠り所になっている場所なのだと感じました。

 

(補足)

第二次世界大戦中、セント・ポール大聖堂がどのように守り抜かれたかは、こちらからもよく分かります。

www.bbc.com

奪い愛、冬

Dramas

2017年1-3月は「A Life」、「カルテット」、「嘘の戦争」など、面白いドラマが数多くありますが、今までのところ「奪い愛、冬」が面白かったですね~。

 

水野美紀(蘭)、 三浦翔平(康太)の演技が秀逸だったのはもちろんですが、個人的にはいつでも真面目な大谷亮平(信)が気になり、目が離せませんでした。 

 

ぜひ、続きを期待します!

 

今後、他のドラマも最終回を迎えるので楽しみです。 

ラ・ラ・ランド

News Movies

楽しみにしていたラ・ラ・ランド、ようやく見ました。

 

 

音楽や踊り、映像が本当に素晴らしく、また主演の二人(特にエマ・ストーン)も情熱に溢れていて良かったです。

思っていたよりもミュージカルのシーンが少なかった(想像していたのは「雨に唄えば」のフレッド・アステア)ですが、切なく、でも前向きな気持ちになれる映画でした♪